Archive for 3月, 2011

地震に強い家造りをしたい

Posted by ちはる on 3月 24th, 2011 under マイホーム Tags:  •  コメントは受け付けていません。

阪神淡路大震災以降、建築基準法の改正もあり、年々耐震基準が厳しくなっているように思います。
なにを隠そうこの私も、家を建てるなら地震に強い家にしたいと思っています。
耐震は工務店も集客の時にアピールしていますよね。
確かにデザイン性や健康住宅の家作りとかこだわりや気になる点はいくつもある。
でもやはり一番重要なのは安心して暮らせる家であることじゃないでしょうか。
マイホームを建てるとき、みんな家族のことを思って家族で幸せに暮らしたいと願ってマイホームを建てたいと思うのではないかと思います。
夢のマイホームが地震によって倒壊するだけでもかなりのショックなのに、倒壊したことによって家族のいのちが脅かされるようでは悲しいことです。
なので地震に強い家を建てたいというのは誰でも思うことでしょう。
中越地震の後に、新潟で新築の注文住宅を建てた親戚も耐震に関しては重要視して家づくりを考えたと言います。
地震に強い家にはベアリングを使って地震の揺れと逆方向にゆれることで地震を感じさせないようにしたり、ダンパーを使って地震の揺れを軽減したりという仕組みを作っているものがあります。
また、そういった機械や仕組みに頼らず、耐震性能を上げる建て方をしている家もあります。
いずれも、地震に対しては威力を発揮するといわれていますが、実際のところはどの程度有効なのかは定かではありません。
しかし、こういった記述も日進月歩です。うまくいくこともありますが失敗もあるでしょう。
大地震が起こるとこういう技術がどんどん加速していきます。しかし、実際の地震にはあまり役に立たないことが多いのはなぜでしょうか。
今回の地震では大津波が起こりました。この津波の影響で地震では倒壊しなかった建物も流されてしまいました。
免震住宅にしていても、縦揺れには弱かったり、うまく作動しなかったりもあると聞いています。
こういった自然災害に対応できる技術が建築の現場でも進んでいくといいと思います。

新しいアパート

Posted by ちはる on 3月 3rd, 2011 under 住まい Tags:  •  コメントは受け付けていません。

最近、良く見かける新しいアパート。
大手(?)の業者が「一括借り上げ」といって家賃保証などをしているそうですがそんなにうまくいくのでしょうか。
すべてを自分の会社で契約させてすべての管理を任せてもらってメンテナンスやリフォームも請け負って・・・。
そこにすでにもう利益があるから家賃保証とか本当はあってないようなものだと思うのは私だけなのでしょうか。
畑や田んぼをつぶして新しいアパートがたくさん建っています。
そんなに入居者っているんでしょうか。
私も新しいアパートなら住みたいと思ったりしますが、その後、空室が目立つようになったらなんだか悪い気がしたりして・・・。
関係ないんですけどね。
でも新築という言葉にはかなりな魅力があります。
新築の住宅を建てるのもそうですが、賃貸でもやはり新築は魅力的です。
でも、新築はいずれ新築でなくなります。
中古住宅を購入すれば最初からわかっていることですが、新築のアパートがいずれ新築でなくなって新しい入居者が入らなくなるのは目に見えています。
そこで、家賃を下げることになったりするのでしょう。
その場合、畑をつぶしてまで資産運用としてのアパート経営に乗り出した初心者大家さんはどうやって切り抜けていくんでしょうか。
ひとごととはいえ、心が痛みます。
まあ、そんな資産も持ってないから本当にひとごとなんですが。
新築の住宅を建てた場合には中古になるから云々なんて考える必要はないでしょう。
そこでたくさんの思い出を作って自分の家として生涯すめばいいのですから。
そう考えるとやっぱり新築の持ち家がいいのかなあ・・・。