Archive for 12月, 2015

浴室

Posted by ちはる on 12月 26th, 2015 under 住まい Tags:  •  コメントは受け付けていません。

浴室は住宅の中で最も癒しの空間と考える人も多いです。しかしその反面、多くの事故が起きている空間でもあるのです。浴室内ですべって転んだり、浴槽で溺れるなどの事故が多い浴室は、家庭の中でも最も危険な場所の一つでもあることを忘れてはいけません。特に小さい子どものいる家庭や高齢者のいる家庭では安全面にしっかり配慮して、安心して入浴できる浴室を目指しましょう。
そこでます脱衣所から浴室へ入る部分の段差をなくしましょう。以前は段差を付けることで浴槽の水が脱衣所に入るのを防いでいました。しかし最近は、ドアの下に取り付けられたゴムストッパーで、浴室からの水の浸出を防ぐ技術が開発され、つまずいて転倒するような心配はなくなりました。車イスでもスムーズに出入りができるのです。また以前のようなツルツルしたタイルでは滑って転ぶと大きなケガをすることがあります。
最近は床の表面の凹凸を細かくし、濡れていても足が床面をピタッととらえ、滑りにくい形状になっているのです。万が一転んでも衝撃を吸収してくれるクッション性を持たせたものや、ひざを直接ついても居たくない柔らかい感触の床になっているため安全性が非常に高まっているのです。
立ったり、座ったり、またいだりとお風呂の中では意外と動作が多いため、つかまる所がなければとても入りにくいものです。入浴動作を考え、浴槽の出入りのときや、洗い場に移るときなど転びやすい姿勢になるときにつかまりやすい位置に手すりを設けることも忘れてはいけません。これらに気をつけることで安全性が高まり小さい子どもから高齢者まで安心して入れる浴室になるのです。