その次の条件

前回の帰り道、「見晴らしは本当に必要か」と話し合った私たち夫婦は次なる目標を「広い部屋」と決めてまた探し始めました。

部屋が広ければのんびりできると考えたのと、こどもができても対応できると思ったからです。

今回は前回と同じ不動産屋に行きました。そして「この間のアドバイスがあったから、見晴らしを優先するのはやめました。今度は広い部屋で探したいと思います」と条件の変更を伝えました。

今度は広い部屋のマンションをいろいろと紹介してもらいましたが、どれもあまりピンときませんでした。

そこで私がぼそりと「中古でもいいかな・・・。」って漏らした言葉を不動産屋は聞き逃しませんでした。

今度は中古マンションや中古住宅の資料がいろいろと出てきました。

正直、疲れてしまっていたのでゴメンナサイとお詫びをして資料だけもらって帰りました。

資料ってあればいいってモノじゃないんですね。

見るだけで疲れてしまって、最終的には「もう引越しなんてしなくていいかな」なんて考え始めたりして。

そしてまた、疲れて泣き出しそうな私にダンナ様が言いました。

「無理に引っ越さなくてもいいでしょ」その通り。

なんで引っ越したかったのか理由も忘れてしまっていました。

住まい探しとか引越しとかってもっと楽しかったと思ったのですが。

今回はしばらく保留にしよう。

そう思いながらも今まで考えていた新居の絵が私の脳裏をよぎり、悔しいような悲しいような、涙がほろりと流れてしまった私なのでした。

Tags:

This entry was posted on 水曜日, 3月 17th, 2010 at 8:08 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.