意外と大事な外構工事

家造りの中で一番最後に行う工事が外構工事です。家造りをする人の大部分がこの外構工事を軽視する傾向にあります。外構工事を重視するよりも、その分建物自体に予算をかけたいと考える人も多いのです。私も最初はこのように考えていました。しかし外構工事をしていない住宅は、どんなに立派な建物が完成してもどこかまとまりに欠けてしまいます。外構工事を施すことで、より建物が引き立ち、住宅全体にまとまりが生まれるのです。家造りは外構工事までしっかり行うということを忘れないようにしておきましょう。

外構工事の中でも特に玄関の門周りは、門扉、ポスト、表札、インターホンなど機能が詰まった場所です。使いやすさに加えて、安全面に配慮し素敵な門周りにしたいものです。また玄関は住宅の外観の決め手にもなる部分です。これらのデザイン性を高めることでよりオシャレで素敵に仕上がるのです。色調や素材が建物の外装に合っているか、近隣住宅の雰囲気にしっかり馴染むかという視点で外構工事を進めましょう。

例えばポストは、雨に濡れずに郵便物を取りに行けるのか、取りやすい高さであるかという点に注意するといいと思います。門の幅においては、荷物が大きい場合でも、自転車でもスムーズに通れるかなどにも配慮しておくといいでしょう。インターホンには来客者の顔がしっかりと写る位置に設置されているか、車や自転車がきっちりと管理できるかということも忘れないようにしましょう。住宅の建物ももちろん大事なのですが、外構工事も軽視せずしっかりと施すようにしておきたいものです。

Tags:

This entry was posted on 月曜日, 6月 13th, 2016 at 8:41 AM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.