重要な窓

住宅において窓の役割は非常に大きいのです。窓をどこに設けてどのようなサイズのものにするかで室内に与える影響は大きく異なります。最近では気密性や断熱性の高い窓が非常に求められるようにもなっています。気密性が高いことで冷暖房効率を高めることができますし、外からの音の侵入が気にならなくなりますし、室内から発せられる音を外にもらしにくくもなるのです。

採光や採風という観点にも配慮しなければいけませんし、隣接する家からの視線もしっかりとカットしておきたいものです。中でも断熱性に注目するといいでしょう。暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%、床7%、外壁・換気15%、窓58%です。冷房時に窓が入る割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、窓73%です。この数字を見ても窓の断熱性がとても重要であることが一目瞭然なのです。

そこで我が家は遮熱高断熱Low-E複層ガラスを取り入れました。これは2枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入し、室外側ガラスの中空層面側に遮熱高断熱特殊金属膜をコーティングしたものです。今の寒い冬時期は窓の結露で悩んでいる人も多いです。窓の結露は窓の断熱性が低いと生じてしまいます。この窓ガラスを取り入れ窓の断熱性を高めることで、結露を抑制し、アトピーの一因と言われているカビやダニの発生を抑え、健康な住空間を作り出すのです。

そして、省エネ性も期待できます。夏は太陽の熱を大きく反射するので冷房効果を高め、冬は高断熱性能を発揮し、室内の暖かさを室外に逃がしにくくするので暖房効果の向上に繋がります。窓の機能性に注目し快適な住まいを目指したいものです。

Tags:

This entry was posted on 金曜日, 8月 25th, 2017 at 6:10 AM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.