Posts Tagged ‘住宅資金’

震災から一年が経ち・・・

Posted by ちはる on 4月 13th, 2012 under マイホーム, 住まい, 住宅 Tags: , , , ,  •  コメントは受け付けていません。

昨年の3月に起きた東日本大地震から一年以上が経ち、家づくりや不動産に対する考え方や価値観が大きく変わったように思えます。
私の友達や親戚など周辺でも、震災前は注文住宅や新築の家づくりを楽しい話題としてしていましたが、みな震災後は家づくりに慎重になってしまったかのように思えます。
耐震性の問題や安全な土地探しなど今まで以上に考えるようになり、少しマイホームと言う物が遠くなったかのようにも感じることがあります。
しかし消費税率の引き上げなど考えると今が家づくりを考える最後の期間ではないかと言う人も少なくありません。
その他では、不動産で働いている知人は以前よりも中古住宅や中古マンションの需要が増えたのではないかと言うことも言っていました。
これからは中古物件を購入してリフォームする時代になってくるだろうという考えもあり、マイホームづくりの形は変わってゆくのだろうと思います。
リフォームに関して言うと施主支給やセルフビルドなども注目を浴びつつあり、住宅設備や建材の販売サイトなども増えてきているようです。
ただ一つ願うのはやはり家づくり、マイホーム取得は楽しいものであってほしいということです。

家造りの話

Posted by ちはる on 10月 24th, 2010 under 住宅 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

家を造るということに関しての話を聞いてきました。
私たちは家なんて賃貸でも持ち家でもあまり変わらないと思っていました。
でも、賃貸生活は、この先家賃を払い続けて結局は何も残らない、
もしくはずっと住んで思い出をたくさん詰め込んだ家から取り壊しによる立ち退きなどを
思いがけない形で突きつけられて思いがけない方向に進まなければならないかもしれません。
でも、持ち家になると税金がかかったり、修繕費など維持費が必要になるから余計にかかるお金を考えないといけないし・・・。
どっちが得なのかと考えていたら先日からいろいろと話を聞いているある注文住宅を建てている会社の人からアドバイスをもらった。
「賃貸は何年たっても結局は家賃を払っただけ。月に8万円の家賃でも、年間96万円。100万円近いお金がかかることになる。
35年で3500万円。それだけ払っても何も残らない。
でも、新築の注文住宅を建てて、家賃で支払う予定だった分を住宅ローンの返済に充てたと考えると、35年後には家がのこることになる。
どちらがいいのかは考え方だけど、こうして金額を見てみるとわかり易いでしょう」って。
もしも、だんなが長男で将来は実家に戻って跡をとることになっていれば家を建てる必要もないだろうし、
きれい目の新しいマンションを賃貸で借りて贅沢をすることも許されるかもしれない。
でも、だんなは三男だし、私たちは私たちの家を持たなきゃならない。
この時の話は、とてもためになった。
そうなるとマンションか、一戸建てか。新築か中古か。
大分の中古マンションもいいかな。
新たな悩みが出てきた。

どこにお金をかけるのか

Posted by ちはる on 9月 20th, 2010 under 未分類 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

家造りにかけられる費用をダンナ様と相談していたんだけど、そうした場合に、大分で住宅を本当に土地からの購入で建てられるのかが心配になってきた。
どう考えても、中古住宅のほうが安くなる。
場合によってはマンションも考えられる。
でも、こどもが生まれたらって考えるとマンションはちょっとナシかな。
ふくらんできた新築の夢だったけど、中古もやっぱり視野に入れて考えていかないと。
次に不動産屋へ行った日、「うちには注文住宅の建築部門もあるので新築の担当者と話をしてみませんか」と言われて、紹介を受けた。
その人は「何を優先するのかを考えましょう。
土地なのか間取りなのか、金額なのか。家造りに大切なのは資金計画です。
そこがきちんとしていないとせっかく建てたお家を手放さないといけなくなることになりかねない。
総予算をしっかりと組んでそこから優先順位も考えていきましょう。
いろいろと立ち入ったことも聞きますが、家造りには必要なことなのでよろしくお願いします。」と。
なるほど。
考えたことのなかったことばかりで、少々恥ずかしくなった。
家って高価な買い物だから慎重になって当たり前。
だけど知らないと大変なことになることも多い。
それは考えていたつもりだったけど。
来週、もう一度会って話を聞くことに決めて家へと帰った。
家を建てるのも自分たち。
住むのも自分たち。
払うのも自分たち。
絶対に損はしたくないからもっともっとダンナ様とよく話して後悔のない失敗しない家造りをしたいと本音で思った。

失敗しない住宅ローン

Posted by ちはる on 7月 18th, 2010 under 未分類 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

前回、友達に家を建てたはいいけれど、払いきれなかった時の怖い話を聞いてしまった。
そんな話を聞いたら私のマイホームの夢なんてしぼんでしまう。
それに気付いたのか、彼女からまたアドバイスをもらった。
「今ね、金利が安いから3年固定とか5年固定とかの変動金利とほぼ変わらないような短期固定の住宅ローンが金利を下げてさもさもおトクのように見せかけてるんだ。
おまけに優遇金利まで作っておトク感をあおってるんだけどこれが悲劇の元なの。当初3年間優遇金利で4年目からは店頭表示金利に戻ってしまう。
しかも、この店頭表示金利ってそれぞれの金融機関が独自で決めることができる。
そのときいくら金利が安くても見直しの時期に店頭表示金利がどーんと高くなっていたら金利2倍になることも考えられるんだよ。
だから築浅で家を手放す人ってこの罠を知らずにかかってしまった人たちがほとんどなんだよ。
だってさ、大分で住宅を建てて住んでいたのに転勤で東京に行くことになった。
もう戻ってくることもないからこの家売ります。
なんて人いると思う?100人に一人もいないと思うよ。っていうことは払えなくなったと見るのが当然じゃないかな。
それに売りに出していくらかで売れればいいけど」
なるほど・・・そうだよね。
「おまけに手放す人の想いがたくさん詰まったお家。どう思う?」
この言葉が決め手になって、私の頭の中は中古住宅から新築へとシフトしていった。