Posts Tagged ‘収納’

外部収納

Posted by ちはる on 4月 13th, 2018 under 住宅 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

家造りにおいてほとんどの人が収納に力を入れて計画すると思います。この収納とは、室内の収納ばかりに目を向けていませんか。室内に収納することのできない、屋外で使用する物も意外と多いです。これらをきちんと収納できる外部収納も家造りの際にしっかりと計画しておく必要があります。
我が家は、室内に生まれたデッドスペースを利用して外部収納として利用しています。私が住んでいる地域は冬の寒さが厳しいため冬はスタッドレスタイヤや雪かきスコップは必需品です。また、バーベキュー用品やテントイスなどアウトドア用品も数多くあるためこれらをきちんと収納しておくスペースは欠かせなかったのです。
ここに収納する物は屋外で使用するものばかりなので外から物の出し入れができるように勝手口を設けています。タイヤを保管しているので車に荷物を搬入したり、搬出することを考え外部収納とカーポートの動線にも配慮して、動線をできるだけ短く、そして物の出し入れがしやすい幅を確保しました。
住宅内のデッドスペースを利用したことで住宅の外観を損なうことがなく、スッキリとしています。多くの家庭では後で外部収納に気づき庭やカーポート部分に物置を設置します。庭やカーポートに物置を設置するとスペースを占領してしまいますし、一気に生活感で溢れた印象になってしまいがちです。住宅内のデッドスペースを利用して外部収納を設けるとスペースを占領することも、外観を損なうことがないのでお勧めです。

隙間収納

Posted by ちはる on 2月 22nd, 2018 under 住まい, 住宅 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

ヘッドフォンの収納
ファイルボックスのふちに、大きめのピンチをつけ、ピンチの上のつまみ部分にヘッドフォンを掛けて、ファイルボックスとパソコンとの間の隙間を利用します。パソコンのちょうど左に収納されていて、使いたい時にすぐ使えて便利です。
ワンルームの靴の収納
ワンルームは収納が少ないです。靴の数が多くない場合、作り付けの靴棚を本棚や他の収納場所として使い、玄関横の幅25cm、奥行き40cmの隙間に、籐のかごに入れ、湿気防止のために木製の折りたたみ椅子の上に積んで収納しています。
キッチンのデッドスペースの利用
キッチンの端の細長い収納に、縦向きに収納できるITクッキングヒーターを入れていますが、その上のスペースを使いたいので、棚を自分で作り、タッパーなどの軽い容器を入れています。
ブックエンドの利用
タワー型パソコン本体の横にブックエンドを置き、そこに物を立てかけて置きます。比較的薄くて大きなものがすっきり片付きます。プリンタの横には、クリアファイルに入れた印刷用紙を立てかけて置いています。
吊り下げラックの利用
100円ショップで購入したキッチンの吊り戸棚用の吊り下げラックを、プリンタを置いている台にとりつけて、そこに紙を置きます。棚の真下の空間が利用できます。紙は、裏紙・まっさらな白紙・クラフト紙・トレーシングペーパー・名刺カードなど、クリアファイルで分けて置いてあります。
排水口ネット
引き出しに入れると嵩張りますが、流しの下のドア裏に、袋に入れてフックに吊り下げておくと、サッと取り出せて在庫も分かり便利です。

可動間仕切り収納

Posted by ちはる on 8月 18th, 2016 under 住宅 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

我が家の子ども部屋には可動間仕切り収納を取り入れました。住宅の中で子ども部屋が一番空間に変化が求められるのです。我が家の子ども達は4歳と2歳で小さいです。この時期にそれぞれの個室を設けておいても使用する機会はほとんどありません。そこでワンルームの子ども部屋を設けて、将来的に個室が必要になった時に可動間仕切り収納を用いてワンルームを二つの個室に分けるようにしたのです。
子どもが幼少期は広々と遊べる子ども部屋があると便利です。走り回ることができ、のびのびと過ごせることで、お友達が遊びに来た時も重宝します。小学生頃になれば、部屋の真ん中を半分に仕切ります。勉強スペースと就寝スペースという風に分けて、遊ぶ時間も勉強する時間も兄弟で過ごす時間を大切にするのです。ワンルームを緩やかに間仕切ることで個室になる練習にもなります。中学・高校生頃になるとそれぞれの個室を必要とし始めます。可動間仕切り収納で完全に空間を区切ってしまえば二つの個室となります。
将来的に二つの個室になることを想定して、出入りするドアや窓、照明やコンセントなど予め二部屋分設けておきましょう。しっかり環境を整えておけば個室にした時も大掛かりなリフォームを全く必要としないのです。子どもが成長すればいずれ巣立っていきます。そうすればまたワンルームに戻すこともこの可動間仕切り収納なら簡単に行えるのです。子どものその時々に合わせてピッタリの空間造りをするには可動間仕切り収納は最適であると言えるのです。

ファミリークローゼット

Posted by ちはる on 1月 20th, 2016 under 住宅 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

私が家事を行う上で一番苦手なことは、たたんだ洗濯物をクローゼットにしまうという作業です。私のように感じている主婦も多いのではないでしょうか。そこで我が家はこの苦手な家事を解消させるためにファミリークローゼットを設けました。このファミリークローゼットとは家族の衣類、下着、タオル類全てを一か所に管理できるようにしました。
このファミリークローゼットを設けた場所はキッチンと洗面室の間のスペースです。通路の両サイドにオープン棚を設けたのです。可動タイプにしたので収納する物に合わせて棚を自由にアレンジできます。また掛ける収納を充実させました。上下二段にポールを設けて洋服をたくさん掛けられるようにしました。掛ける収納を充実させることで、洗濯物をたたむという手間も省けます。
キッチンと洗面室の間に設けた理由は、タオルや下着類は洗面室で利用します。ここにこれらがあることで入浴前の事前準備も格段に楽になります。またここに服があることで、外出時から帰宅しても手を洗いサッと着替えができ、また外出前は、お化粧やヘアセットを行うのと同時に着替えができます。わざわざ上着を二階のクローゼットまで取りに行く手間も省け、住宅内の無駄な動きを省けるのです。
生活の中心となり、また家事の中心となる部分にファミリークローゼットを設けたことで苦手だった家事が負担に感じず行えるようになりました。また生活の中心にこれがあることで家族も自分の服を自分で管理するようにも心がけるようになったのです。主婦にとっても家族にとっても暮らしやすい家になっています。

リビング収納

Posted by ちはる on 10月 19th, 2015 under 住宅 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

リビングは家族団らんの場所です。家族が長時間過ごすことから自然と物も集まる場所です。多くの家庭で各所に収納スペースを確保することと思います。しかしこの人の集まるリビングの収納は意外と見落とされがちなのです。
例えばテレビを設置する壁一面に壁面収納を設けるのもいいでしょう。リビングに設置する一番大きな家電であるテレビをビルトインさせた形で上下左右と壁面収納を設けることで、リビングの収納がアップして物が片付くのです。散らかりがちなDVDをきちんと陳列して収納したり、リビングで使用する小物を収納しておく場所として最適です。上部と下部には扉付きのキャビネットで隠す収納にして、テレビの両サイドはオープン棚にして見せる収納を取り入れるのも、メリハリが生まれいいと思います。壁面一面に収納スペースを集約することで、別の場所にキャビネットや電話台などを設置する必要もなくなります。空間に凹凸が生まれずスッキリとしたリビングになるのです。
リビングに散らかりがちなものは、着ていた上着や持ち歩いたカバンではないでしょうか。上着やカバンを一時置きできる収納スペースを設けておけば、これらがソファの上やリビングの床に置きっぱなしになるのを避けられるでしょう。掛ける収納と可動式のオープン棚を組み合わせて空間にぴったりのリビング収納を設けるのもいいと思います。リビングに物が溢れるとリビングの快適性を欠いてしまいます。リビングの快適性を欠くことなく居心地のいい空間にするにはリビング収納を充実させることがいいのかもしれません。

洗面室の収納

Posted by ちはる on 8月 19th, 2015 under 住宅 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

洗面室は色々な用途で活用されます。それだけに家族みんなの使用頻度が高い場所でもあります。また洗面室に洗濯機を設置する家庭が多いことから家事のしやすさが求められるのです。生活動線と家事動線の両面を考えながら使いやすい洗面室にしたいものです。
手洗いや歯磨き、入浴の前後やヘアセットなど多目的で使用する洗面室には収納しておきたいものもたくさんあります。それらをきちんと洗面室内に収納しておくことができれば洗面室の使いやすさは高まるのです。
洗面室の広さで一般的な広さは1坪です。洗濯機と洗面台を置いてもスペースに余裕があります。しかし広さに限りのある空間でもあるのでできるだけデッドスペースを生まず上手に収納スペースとしましょう。
多くの家庭で洗濯機と洗面台を隣り合わせで配置します。それらの間に20~30㎝の隙間が生まれます。この隙間をそのままにしておくのではなく、キャビネットを設けることで洗面室の収納力がアップします。タオルや洗剤などのストック品を置いておくには最適です。
また洗面室内に下着や部屋着、パジャマなどの衣類もしまっておけるようにしておけば、より洗面室の使い勝手は高まります。帰宅して手を洗い、部屋着に着替えることも多いです。手洗いをした場で部屋着にまで着替えられれば、二階のクローゼットまで衣類を取りに行く手間が省けます。また下着やパジャマがあることで、入浴前の準備がスムーズに行えます。
洗面室を重視する家庭が増えてきています。1坪以上の広さを確保する家庭も多いです。家族みんなが使いやすく、主婦が家事をしやすい空間になるように収納スペースを充実させましょう。

カップボード

Posted by ちはる on 3月 3rd, 2015 under 住宅 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

キッチンに欠かすことのできないのがカップボードです。
このカップボードに食器をはじめキッチンで毎日のように使う炊飯器や電子レンジ、ポットなども置きます。
我が家の新築住宅にはこのカップボードを充実させようと思っています。
天井にまで広がるカップボードは三枚扉で収納スペース十分に確保します。
そうすることでキッチンの収納量が確保でき別にパントリーを設ける必要もなくなります。
また一つのポイントが使わない時はすりガラスで全て隠して収納できるようにすることです。キッチン家電は生活感の出やすいアイテムです。
それらを使わない時は隠して収納するようにすることでお客様が来ても生活感を感じさせないスッキリとしたスタイリッシュなキッチンをお見せすることができるのです。
すりガラスの扉にするのも大切です。
すりガラスにすることでキッチンの明るさを確保できます。
明るさがあることで圧迫感を感じさせないキッチンになるのです。
このカップボードは食器の収納場所であり、キッチン家電を収納する場所であります。
それだけでなくゴミ箱までこの中に収納してしまうのです。
キッチンで出るゴミは分別が必要です。その分ゴミ箱の数も必要です。
キッチンスペースにゴミ箱が並ぶと邪魔で家事効率を下げてしまいますし、
見た目にも良くありません。
それらもビルトインさせることでスッキリと開放感のあるキッチンになります。
また扉一枚分のパントリースペースもあるので備蓄品を収納したり、ホットプレートなどの使用頻度の低い家電を収納する場所としても最適です。
造作で家事のしやすいカップボードを設けようと思います。