Posts Tagged ‘窓’

重要な窓

Posted by ちはる on 8月 25th, 2017 under 住宅 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

住宅において窓の役割は非常に大きいのです。窓をどこに設けてどのようなサイズのものにするかで室内に与える影響は大きく異なります。最近では気密性や断熱性の高い窓が非常に求められるようにもなっています。気密性が高いことで冷暖房効率を高めることができますし、外からの音の侵入が気にならなくなりますし、室内から発せられる音を外にもらしにくくもなるのです。
採光や採風という観点にも配慮しなければいけませんし、隣接する家からの視線もしっかりとカットしておきたいものです。中でも断熱性に注目するといいでしょう。暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%、床7%、外壁・換気15%、窓58%です。冷房時に窓が入る割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、窓73%です。この数字を見ても窓の断熱性がとても重要であることが一目瞭然なのです。
そこで我が家は遮熱高断熱Low-E複層ガラスを取り入れました。これは2枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入し、室外側ガラスの中空層面側に遮熱高断熱特殊金属膜をコーティングしたものです。今の寒い冬時期は窓の結露で悩んでいる人も多いです。窓の結露は窓の断熱性が低いと生じてしまいます。この窓ガラスを取り入れ窓の断熱性を高めることで、結露を抑制し、アトピーの一因と言われているカビやダニの発生を抑え、健康な住空間を作り出すのです。
そして、省エネ性も期待できます。夏は太陽の熱を大きく反射するので冷房効果を高め、冬は高断熱性能を発揮し、室内の暖かさを室外に逃がしにくくするので暖房効果の向上に繋がります。窓の機能性に注目し快適な住まいを目指したいものです。

実践!サッシの工夫

Posted by ちはる on 7月 24th, 2014 under 住宅 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

住宅が最も変わるのは窓の取り方だと言われています。同じ空間でも窓の選び方や設置の仕方で使い勝手はもちろん、部屋の印象までがらりと変わってしまいますから、色々とこだわってみたいですよね。
・窓の位置や高さは隣近所の窓の位置を参考に決める。
青春野球漫画の名作、「タッチ」の中で主人公と幼馴染の部屋の窓が隣同士で同じ位置にあるシチュエーションがありますが、新築を建てる際にはできるだけ互いの窓が重ならないように配慮が必要です。自分が他人に住まいの中を見られたくないと思うのと同じように、相手も良いとは思っていません。プライバシーに配慮した窓の配置を心がけましょう。
・曇りガラス・擦りガラスは効果的に使おう。
採光を取りたいけれど視線が気になる部分には曇りガラスや摺りガラスを使いましょう。階段やトイレ、一階部分などの採光にオススメです。
・状況に応じて窓の種類を選ぼう。
立地条件に合わせた窓選びの一環として、窓の開き方にも着目して窓選びを行ってみてはいかがでしょうか。引違い戸(通常の窓)意外にも、滑り出し窓やルーパー窓、オーニング窓など、さまざまな窓のタイプがあります。オーニング窓は複数のガラス部分が同時開閉するものなので、防犯対策や視線が気になる場所への設置もオススメです。
・目的に合わせた窓を選ぼう。
窓は「どれでもいい」というのは大間違い。できれば一か所ごとにどんな目的の窓なのかをよく考えて選びたいものです。単に採光目的だけの窓なのか、それとも人の出入りがあるのか。通風だけを目的にした窓もあるかもしれません。網戸の有無、防犯仕様の有無、こうした目的に沿って窓を選んでみてください。